グワシ!楳図かずおです!

図かずおは、1936年9月3日和歌山県高野山に生まれ、奈良県で育った。幼児期から絵を描くことに非凡な才能を示し、小学4年のとき漫画を描き始めた。最初の作品は『まほうのつぼ』。14歳の時に描いた『森の兄妹』と高校2年のとき描いた『別世界』が1955年に出版されプロデビューを果たした楳図は、以後精力的に貸本向けの単行本を描いた。『口が耳までさける時』『へび少女』『人こぶ少女』などのホラー作品で日本中の少年少女たちにトラウマを刻みつけた楳図は後に“ホラー漫画の神様”と呼ばれるようになる。1967年からは『猫目小僧』を発表。1976年に『妖怪伝・猫目小僧』としてテレビアニメ化されている。また、1972年からは『漂流教室』を連載。荒廃した未来の世界で生き抜く子供たちの姿をリアルに描き、1975年には小学館漫画賞を受賞した。一方、1976年からは『まことちゃん』を発表。シュールなギャグが大ブレイクし、“グワシ”は、社会現象となった。現在、楳図のトレードマークと言えば、赤白ボーダーのシャツと、この“グワシ”である。また、楳図は自らバンドを組み、作詞・作曲・ボーカル・振り付けを手がけ、1975年にはLP『闇のアルバム』をリリースしている。他にも『おろち』『洗礼』『わたしは真悟』『神の左手悪魔の右手』『14歳』など多数の漫画作品があるが、驚くほど時代を先取りした内容であるため、楳図を“預言者”と呼ぶ人も少なくない。また、1994年には後楽園ゆうえんちで「楳図かずおのおばけ屋敷 安土家の祟り」をプロデュースした。2005年にはデビュー50周年をむかえ、作品の映像化が相次いだ。70歳になった現在、楳図は腱鞘炎悪化のため漫画の執筆を休んでいるが、5ヶ国語学習や、音楽活動、TV・映画・雑誌の出演などで多忙な毎日を送っている。楳図かずおは、漫画の枠を超え芸術・エンターテインメント全般に渡り稀有な独創性を発揮し続ける、宇宙一ロックンロールな天才芸術家である!