みうらじゅん的映画祭(1)

漫画『蛇娘と白髪魔』扉絵
2005年のゴールデンウィークに、渋谷のユーロスペースで「みうらじゅん的映画祭」が行われ、みうらじゅん氏がセレクトした昔の日本映画が10本ほどレイトショー上映される模様です。その中の1本が『蛇娘と白髪魔』(原作:楳図かずお、監督:湯浅憲明、特撮:藤井和文、出演:松井八知栄、高橋まゆみ、北原義郎、浜田ゆう子、目黒幸子 他、1968年 大映)となるそうです。上映時にはみうらじゅん氏の前説ビデオ上映も予定されているようです。
映画『蛇娘と白髪魔』は『赤んぼう少女』『ママがこわい』という楳図かずおの2作品を元に1968年大映が映画化したもので、漫画『蛇娘と白髪魔』は、この映画を楳図かずおが逆に漫画化したものです。漫画→映画→漫画という非常に珍しい経緯をもつこの作品、ビデオ化もされていますが、一度、映画館でご覧になってはいかがでしょうか。楳図かずお自身もタクシー運転手役でカメオ出演しているので、要チェックどすえ!!