劇団アロッタファジャイナ第5回公演

劇団アロッタファジャイナの第5回公演『ダンス・ダンス・ベイビーダンス ~ 世界終焉3秒前に僕らが幸せになる方法 ~ 』が2005年1月14日(金)から16日(日)まで行われます。作・演出は、昨年10月、『わたしは真悟』(原作=楳図かずお、脚本・演出=松枝佳紀、スーパーバイザー=那須博之、協力=小学館)の公演が大好評を博し、現在楳図かずおファンから大注目されている松枝佳紀さん。そして、主演(ダブルキャスト)は、『わたしは真悟』でマリンを演じた上野未来さんと、サトルを演じた根岸絵美さんです。これは見逃せない舞台どすえ!!
左=マリン。 右=舞台『わたしは真悟』でマリンを演じた上野未来さん。
左=マリン。 右=舞台『わたしは真悟』でマリンを演じた上野未来さん。
左=サトル。 右=舞台『わたしは真悟』でサトルを演じた根岸絵美さん。
左=サトル。 右=舞台『わたしは真悟』でサトルを演じた根岸絵美さん。
左=サトル。右=舞台『わたしは真悟』でサトルを演じた谷口大介さん。
左=サトル。右=舞台『わたしは真悟』でサトルを演じた谷口大介さん。
左=真悟。 右=舞台『わたしは真悟』で真悟を演じた高橋正倫さん。
左=真悟。 右=舞台『わたしは真悟』で真悟を演じた高橋正倫さん。


——————————————
   劇団アロッタファジャイナ第5回公演
——————————————
 ダンス・ダンス・ベイビーダンス
  ~ 世界終焉3秒前に僕らが幸せになる方法 ~

——————————————
(ストーリー)
強制畸形妊娠症候群。
そう呼ばれる奇病が世界に蔓延し
人類は出産と引き換えに滅びる運命。
そんな終焉三秒前の世界で
愛を知ってしまった女の物語。
(出演)
 上野未来、根岸絵美
 藤澤よしはる、谷口大介
 新津勇樹、高橋正倫
 安藤ケースケ、池亀みひろ
(スタッフ)
 作・演出/松枝佳紀
 音響/宮坂佳奈(Sound Cube)
 照明/柳田みつる
 舞台監督/棚瀬たくみ
 宣伝写真/豊浦正明
 モデル/透夜
 宣伝美術/ナカヤマミチコ
 制作協力/TWIN-BEAT
 企画・製作/アロッタファジャイナ
(日時)
2005年1月
■14日
 (14:00)、19:00
■15日
 13:00、16:00、19:00
■16日
 14:00、17:00
  (※14日14:00公演はプレビュー公演です)
(場所)
THEATER BRATS(シアター・ブラッツ)
 東京都新宿区新宿1-34-16 清水ビルB1
 JR新宿駅、西武新宿駅より徒歩15分
 営団地下鉄新宿御苑前駅より徒歩5分
 東京厚生年金会館向かい
(チケット)
■全席自由日時指定、整理番号つき
 一般 3000円
 学生 2000円
 プレビュー公演1500円
■購入方法
 (1)公式HPからネットで購入
  ・PCの場合
  ・携帯の場合
 (2)劇団電話にて購入
  090-6015-0817
  にお電話ください。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
2005年1月14日から16日までの3日間
アロッタファジャイナは
新宿のシアターブラッツにて
第5回公演を行います。
演目は「ダンス・ダンス・ベイビーダンス」
主演はダブルキャスト。
1人は前回公演楳図かずお原作「わたしは真悟」でも
その初々しい演技が大変評判の高かった
美少女アイドルで女優の上野未来(うえのみく)。
前作で12歳の少女マリンの純粋で強い愛を表現した彼女が
今回は大人の女の強さ、美しさ、思いを表現します。
もう1人は同じく前回公演で
12歳の純粋な愛を貫く少年サトルを異性ながら熱く演じた
アロッタの爆笑魔女・根岸絵美(ねぎしえみ)。
再演となる「ベイビーダンス」初演時に好評を博した彼女が
今回再演にあたって、どんな技を披露してくれるのか。
それもまた楽しみなところです。
というわけで、アロッタの2005年は
熟成したワインを開けるがごとき再演によって始まります。
初回公演とくらべて演出も演技力も断然パワーアップ
脚本も加筆修正され、
新宿の白い空の下で
人類最後の純愛が
全世界レベルのスケールで描かれます。
初演を見逃した方も、初演を見られた方も
今ここで若手劇団の「物語力」に触れてみてください!
自信を持って送ります。
「ベイビーダンス」
こいつにハズレはありえない!